フクロウの目

自然の観察を綴ります。

明け方の空

今日は、明け方に天体観測をしました。

まず、オリオン大星雲を見ました。

lavendur 40(25倍)で見ると星雲の広がりがわかりました。

少し赤かったようにみえましたが、気のせいだったのかもしれません。

写真では、青く写る星雲もわかりました。

12mmのアイピース(85倍)で見るとトラペジウムの4つの星やその周りのガスの細かい模様がよく見えました。

 

M35も見ました。

lavendur 40では星がたくさん見えました。

12mmで見るとさらにその星の並びがよくわかって、星がないところがあるのに気づきました。

 

そして、9月20日に見たミラク・ゴーストをまた見ました。

この前にはわからなかったけど、存在が

よくわかりました。

中心は恒星のようで、その周りにボーッと銀河がわかりました。

小さいけど、存在がわかれば意外に明るい天体でした。

 

小亜鈴状星雲(M76)も見ました。

小亜鈴の意味がわかり、確かにこぎつね座の亜鈴状星雲に似ています。

でも、亜鈴状星雲よりは長方形のような形の気がします。

見方で形が変わりました。

少し目をそらして見ると、亜鈴状星雲の形に見えて、星雲をずっと見ていると長方形のように見えます。

面白かったです。

 

今回の明け方もとても良かったです。

新しい天体もいくつか見えました。

条件がとても良かったので、とても綺麗な明け方の星でした。

まだまだ見ていない天体がたくさんあるので、たくさんの天体を探したいです。

 

ミラク・ゴースト

アンドロメダ座のミラクという星のすぐそばにミラク・ゴースト(NGC404)という銀河があります。

その銀河を見たかったのですが、晴れの日がなかなかありませんでした。

でも、昨日は風がありましたが、晴れていたのでさっそく望遠鏡を出しミラクへ向けました。

最初は50倍で見ました。

よくわからないけどミラクのそばにボヤッとした何かがあるような気がしました。

倍率を上げても83倍にして見るとミラクに少し離れたところにボヤッとした天体があるように見えました。

どちらの倍率でも存在ははっきりとわからず、あいまいです。

 

今回は、とても楽しみで期待し過ぎていたので、ボヤッとしたのは先入観でそう見えただけだったかもしれません。

その日は透明度は良かったのですが、望遠鏡で明るい恒星を見るとかなり揺らいでいました。

それに、ミラク・ゴーストをはっきり見るには10cmよりも大きな口径の望遠鏡が必要なのかもしれません。

今度、観望会に参加させてもらっている大学の天文同好会の人のドブソニアンで見せてもらいたいです。

 

その次にNGC891を見てみようかなと思って探しましたが、天体の位置をかなり間違えてしたいました。

また、次の時に見てみたいです。

 

 

 

 

月・火星・水星の接近

月と火星と水星の接近を見ました。

明け方の5時に見晴らしの良いところに行きました。

 

空は明るくなり始めていました。

月はとても細かったです。

双眼鏡で見ると細い月と地球照、そして水星と火星が見えました。

水星は明るいですが、火星は水星より

暗かったです。

 

僕はあまり惑星の接近を見ようと思ったことがあまりなかったですが、一度見ると綺麗で、もう一度見たくなりました。

次は明日の明け方に金星とレグルスが接近します。

その次は10月6日に金星と火星が接近します。

どちらもとても楽しみです。

 

そして、まだ先ですが、来年は火星の大接近があるようです。

僕が天体望遠鏡で星を見るようになってから始めての火星大接近なのでとても楽しみです。

 

 

 

 

オリオン大星雲

 昨日も星を見ました。

月がなかなか沈まず、空が明るかったですが、星はまあまあ見えました。

明け方は冬の星空が昇ってきて、オリオン座も見えました。

僕が今まで見た天体の中で一番好きなオリオン大星雲も見えました。

スケッチを描いてみることにしました。

f:id:hookrow:20170906204639j:image

望遠鏡

タカハシ TS-100 口径100mm

集点距離1000mm

アイピース

BST 1.25" Flat Field Eyepiece - 12mm

(83倍)

 

月明かりがあったので、細部までは見えませんでした。

スケッチとしてはかなり細かく描けたと思います。

f:id:hookrow:20170907052223j:image

スケッチをしていると赤い線の範囲に暗黒帯があることに気づきました。

 

トラペジウムも見えました。

200倍で見ると暗くはなりますが、4つの星が確認できて、星雲に囲まれているのがわかりました。

 

3時50分になると月が沈んでいて、オリオン座のベテルギウスが大きく、色がはっきりしてきました。

オリオン座は細部の構造まではっきり見えて、淡くどこまでも続いているような

気がしました。

vixen アスコット ZR8×42WPでカシオペア座付近の天の川を見るとたくさんの散開星団が散らばっていてとても綺麗でした。

ぎょしゃ座のM36、M37、M38も同視野

に見えて楽しいです。

ペルセウス座のhとxは双眼鏡では微光星のかたまりが2つ見えます。

望遠鏡で見るとたくさんの星が視野いっぱいに見えて綺麗でした。

 

星がとても綺麗だったのはたったの5分ぐらいでしたが、とても楽しかったです。また、こんな日があったらいいなと思っています。

 

 

天体スケッチ

昨日の夜、初めて天体スケッチをしました。

f:id:hookrow:20170902231402j:image

<M31  アンドロメダ銀河>

望遠鏡

タカハシ TS-100 口径100mm

集点距離1000mm

アイピース

BST 1.25" Flat Field Eyepiece - 12mm

(83倍)

 

アンドロメダ座の大銀河で肉眼でも見えます。

昨日の夜は月明かりがあってなかなか肉眼では見えませんでした。

スケッチは少し銀河の大きさ、明るさなどが違います。

でも、最初にしてはよく描けたと思っています。

 

f:id:hookrow:20170902231911j:image

<NGC457>

望遠鏡

タカハシ TS-100 口径100mm

集点距離1000mm

アイピース

軽井沢観測所 lavendur40mm

 25倍

 

望遠鏡で見ると両手を挙げた人のように見える散開星団です。

ユニークな形をしていて、とても関心しました。 

スケッチでは星が綺麗に描けました。

他の星団も描いてみたいです。

特に、ふたご座のM35をスケッチしてみたいです。

 

僕は前から天体スケッチを書こうとしていましたが、 観望になるとじっくりと眺めたくなっていつも描けませんでし

た。

でも、描いてみるととても楽しくてたくさん描きたくなりました。

また色々な天体のスケッチを描いていきたいです。

夏の星空

27日は久しぶりにひらけたところに行って、星を見ました。

気づけばもうさそり座が低くなっていてギリギリ見える程度でした。

もう夏の星空が終わってきました。

夏はあまり晴れなかったので、夏の星空は見きれなかったです。 

特に、夏の有名な星雲M8やM20、M16などのいて座の星雲たちを見ていなかったのがとても残念です。

でも、M13を始め、たくさんの球状星団が見られたのはよかったです。

 

今年見れなかった天体はまた来年見たいです。

秋の星空も出ているので、秋の星空もたくさん楽しみたいです。

天体観測

25日、26日、27日は、星が綺麗でした。

特に27日は雲もなくよかったです。

 

25日は雲が空のほとんどだったので、撮影となりました。

それに、夏の大三角あたりしか晴れなかったのであまり綺麗にとれませんでした。

 

26日は少し晴れ間があったので、白鳥座からカシオペア座までの天の川の散開星団を見ました。

最初にM39を見ました。

ファインダーでは、星がプレアデス星団のように見えました。

でも、その後に写真を見るとどこがプレアデス星団に見えたのかが、わかりませんでした。

25倍で見るとまばらな明るい星がパラパラと集まっていて面白かったです。

次にNGC457を見ました。

f:id:hookrow:20170829191200j:image

(ナツメ社)「双眼鏡・望遠鏡で楽しむ星空」

25倍で写真のように見えました。

形が両手を挙げた人のように見えて面白く、明るい星と微光星が両方あって美しい散開星団でした。

 

そして、ペルセウス座のhとXを見ました。

25倍で視野いっぱいで微光星がとても美しく何度見てもあきません。

この散開星団は、僕が見たことがある星団の中でいて座のM22、ふたご座のM35

に並んで大好きな散開星団です。

次も見たいです。

 

27日は綺麗に晴れました。

最初の20時ごろは、撮影をしました。

その後は、望遠鏡を出して観望しました。

そしてこと座のM56を見ました。

10cmでも、淡く見落としそうですが、導入して詳しく見ると周辺の星が見えました。

予想以上によく見えた球状星団でした。

 

その後は白鳥座からの天の川を眺めていました。

北アメリカ星雲を見ようとしたのでが、シーイングがとても良い夜出ないと見えないようです。

肉眼では淡い天の川のような、星雲のような、なんとなくぼんやり見えていました。

 

今度の観望ではM103とNGC663を見たいです。